信頼度の高いフィンペシアでAGAを改善しよう

ご存知でしょうか、成人男性の約3人に1人がAGAで悩んでいます。
AGAは早めのケアをすることで、治すことができるので、少し髪の毛が薄くなってきたかもしれない、おでこが広くなったような気がすると思ったら、薬を飲みんでみましょう。
飲み続けることで症状は次第に改善されていくはずです。
治療の方法はさまざまあり、試す人が多いのがフィンペシアという薬での治療ではないでしょうか。
このフィンペシアの特徴は効果的なこともありますが、まずは安いということがあげられます。

なぜ安いのかというとそれは、シプラ社というインドの製薬会社が作っているプロペシアのジェネリック薬品だからです。
プロペシアは健康保険適用外、つまり自費診療扱いになるため、1ヶ月の薬価格は少し高いと感じるかもしれませんね。
だけど1月の給料分というほど高価なわけではないのですが、長いスパンで治療をするのなら値段が安いに越したことはないので、ジェネリックを活用することをおすすめします。
ちなみにジェネリックはブランドに囚われないという意味で、英語ではGenericと書きます。
またAGAの治療薬の場合、ジェネリック薬のほうか効果が高いともいわれていて、基本的には個人輸入品になるのですが、利用者はプロペシア同様に多いです。
参考までにプロペシアは正式名称をフィナステリドといい、病院に行けば高い確率でこの薬が処方されるでしょう。
それは世界規模で効果が認められているからなのですが、フィンペシアも同様に国際基準を満たしているため効果は認められているのです。

AGAの症状を改善するために、薬を飲む以外に気をつけたほうがいいことがあるので、それを紹介していきましょう。
まず1つ目は、頭皮を清潔に保つようにすることです。
きちんと洗髪していても、汗をかいたり、外出したりすると頭皮に汚れがついてしまいます。

これを放っておくと毛穴が詰まってしまうことだってあるのですよ。
そして洗髪するときに、頭皮に伝わる刺激も重要で、それが毛根を刺激したりします。
2つ目は食生活です。
毛根にとって何が1番の強敵かというと、実は皮脂になります。
脂っこい食事をしていると皮脂が多く出る傾向になる可能性があるため、野菜なども取り入れつつ、バランスのよう食事をするように気をつけてください。

これは髪の毛だけではなく、体を健康に保つためにも重要なことではないでしょうか。
3つ目はストレスをなくすことです。
そうは言っても現代の日本は会社であれ、家であれ、ストレスを感じることが多くなっています。
だからどうやったらストレスを軽減できるかという工夫をしてみてください。
軽いスポーツをするのもいいですし、趣味を徹底的に楽しむのもいいかもしれません。
つまり薬の効果だけに頼るのではなく、自分自身も治す努力をする必要があるということです。
それを苦しいという方向に取るのではなくて、楽しみながらやれたら、自然と髪の毛も多くなり、体も心も健康へと近づいていくことでしょう。

Comments are closed.