フィンペシアは男性型薄毛症に効果的な薬

男性型薄毛症に効果がある育毛薬としては、フィンペシアがあります。
この薬は、インドの製薬会社であるCipla社が製造しているお薬で、プロペシアのジェネリック医薬品です。
インドでは特許に関する特別な事情があるため、ジェネリック医薬品の開発が盛んに行われているのです。
インド製のジェネリック医薬品の魅力は、お値段がリーズナブルであることです。
場合によっては、半額以上も安くなっていることもあるのです。

お値段が安くても、同じ有効成分が含まれているので、薬の効果にはほとんど差がないと言われています。
育毛薬のフィンペシアに関しても、プロペシアと同一の有効成分のフィナステリドをもちいて製造されるため、効果はほとんど同じとされています。

フィナステリドは、薄毛の原因となってしまう5αリダクターゼの働きを抑えてくれる効果あり、男性型薄毛症に対して効果的な働きをしてくれます。
この薬がプロペシアと異なっているのは、お値段の安さだけではありません。
プロペシアには着色料としてキノリンイエロー(Quinoline Yellow)が含まれていますが、フィンペシアにはこの成分が一切含まれていないのです。
キノリンイエローは発がん性をもたらすと言われている成分です。
プロペシアに含まれているキノリンイエローの量は微量ですのでそれほど心配になることはないのですが、どうしても気になるという方はフィンペシアを選んでおいた方が安心できるかもしれませんね。
フィンペシアの使い方は、1日1回をお水、もしくは、ぬるま湯と一緒に服用するだけです。
一定期間、継続して飲み続けることによって、次第に髪の毛に効果が表れてくるようになります。
薬の効果が出てくるまでには、多少の時間がかかるようです。
3ヵ月から6ヵ月の期間は連続してお薬を服用していった方がよいとされています。

この期間に思ったような育毛効果が得られなくても、諦めずに継続していったほうがよいでしょう。
また、お薬だけに頼るのではなく、同時に生活習慣も改善するようにしたほうがより高い育毛効果が得られるようになります。
アルコールの量を控えるようにしたり、睡眠を充分に取るなどして、髪の毛が生えやすい環境を整えておくことも大切です。

ストレスも発毛に大きな影響を与えてしまうことがあるので、注意した方がよいでしょう。
何か悩みを抱えている方はその原因を取り除くようにして、髪の毛や頭皮に負担をかけないように気をつけてみてください。
なお、このお薬は、男性型薄毛症に対して効果が得られるものですので、利用できるのは男性成人のみとなっています。
女性の薄毛に対しては、育毛効果を得ることは難しいです。
また、肝機能障害がある方も使用する際には注意が必要です。
深刻な副作用が起こる確率は低い薬ですが、人によっては食欲不振などの症状を感じる方もいるようです。
副作用のなどリスクを避けるためにも、服用前に病院へ行って医師の判断を仰ぐようにしてください。

Comments are closed.