フィンペシアにまつわる様々な疑問

国内でも多くの方が愛用しているジェネリック医薬品がフィンペシアです。
医薬品の成分はプロペシアと同じフィナステリドであり、ヘアサイクルを改善して健康的な髪を生やす作用があります。
そして、このジェネリック医薬品を販売している個人輸入代行業者では安い値段で薬が販売されているため、価格の魅力によってジェネリック医薬品のフィンペシアを使っている方が多いようです。

さて、そんな人気のジェネリック医薬品ですが、このジェネリック医薬品には様々な疑問を持つ方がいます。
医薬品である以上は医薬品の効果が気になりますし、やはり医薬品の細かいところまで理解したいものです。
まず、このジェネリック医薬品を使って絶対に発毛効果を実感出来るかどうかについてですが、このジェネリック医薬品は悪玉男性ホルモンを防いでくれる男性型脱毛症向けの医薬品であるため、男性型脱毛症によって薄毛になった方が医薬品を使うと発毛効果がありますが、男性型脱毛症以外の要因で薄毛になった人は医薬品を使っても効果を実感することが出来ないでしょう。
ジェネリック医薬品のフィンペシアは、テストステロンをジヒドロテストステロンに変えるための5α還元酵素を阻害する効果があり、それによって薄毛の原因を解消することが出来るのです。

ジェネリック医薬品を使えば発毛信号が正常に毛母細胞へ伝わるので、これによりヘアサイクルが改善して髪が太く成長するようになります。
このジェネリック医薬品は頭痛薬のように、薬を飲めばすぐに効果があらわれるわけではないので、長期間医薬品を服用し続ける必要があります。
医薬品を服用し続けて効果を実感するのには個人差はありますが、大体3ヶ月から半年もすれば発毛を実感することが出来ます。
そして発毛を実感しても医薬品の服用を中止してしまえば元の薄毛の状態に戻ってしまうので、元の薄毛の状態に戻らないためにも医薬品を継続して使用することが大切になります。
ジェネリック医薬品は薬価が安いので、お金の負担を考えずに使用を続けられるのがメリットです。

さて、次のフィンペシアの疑問は耐性についてです。
医薬品を使い続けて薄毛を改善することが出来たので、後は髪のボリュームを維持する目的で医薬品を使い続けたら免疫がついてしまって医薬品の効果が弱くなるという話を聞いたことがありませんか。
医薬品は毎日継続して服用することが大切ですが、耐性がついて効果が弱まると医薬品を服用する意味がなくなりますよね。
ちなみに医薬品の耐性については賛否両論あるのですが、医薬品を長期間飲み続けると耐性がつくという意見もあります。
耐性がついてしまったら髪のボリュームを維持できなかったり、増毛効果を実感できなくなることがあるのです。
しかしフィンペシアの耐性については個人差がありますし、医薬品を使った全ての方に耐性がついて医薬品の効果をなくなったわけではありません。
また、実際にAGA治療をして沢山の方が薄毛を改善出来ているので、薬を使い続けて耐性がつくとは必ずしもいえないのです。

Comments are closed.